Scuffed BecomeFumoのコンソールコマンド

提供:BecomeFumo JP Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページでは、Scuffed BecomeFumo(以下SBF)のコンソールコマンドについて解説する。

概要

SBFには、コンソールに打ち込むと便利な効果を発揮するコマンドがいくつか存在する。 コンソールは ] キー(Enterの左下隣)で開くことができる。
cmdsと打ち込むことで実行できるコマンドの一覧を見ることができる。

コマンド一覧

プライベートサーバーの作成者であるかどうかで実行できるコマンドの数が異なる。

通常時に実行できるコマンドの一覧。
プライベートサーバーの作成者であるときに実行できるコマンドの一覧。

re

キャラクターをリフレッシュする。

givecurrentammo

サーバーからキックされる。このゲームには弾薬の概念がないからだろうか。
ちなみにSourceエンジンのゲーム(HL2など)では、現在持っている武器の弾薬を手に入れる効果がある。

こういうメッセージが出る

kill

kill (プレイヤー名)で対象のプレイヤーを死亡させる。試していないが、パブリックサーバーでは自分自身にしか効果がないはず。

sv_cheats

各種チートコードを有効/無効にする。sv_cheats 1で有効になり、sv_cheats 0で無効になる。
デフォルトは0。各種といっても、今のところおそらくimpulse以外には使えるチートコードはない。

explode

kill、dieと違って引数が不要。爆発して死亡、リスポーンする。

impulse

impulse (数字)でチートコードを実行する。Sourceエンジンゲームにあるものと同じ働き。
いまのところimpulse 101以外に効果のあるコードはないはず。

impulse 101

ほとんどのアイテムを手に入れることができる。すべてではない。キャラチェンジ後などに便利。

die

die (プレイヤー名)で対象のプレイヤーを死亡させる。試していないが、パブリックサーバーでは自分自身にしか効果がないはず。

shutup

プライベートサーバーの作成者限定。shutup (プレイヤー名)で対象のプレイヤーをミュートする?(未検証)

ilbantoggle

プライベートサーバーの作成者限定。
サーバー作成者がデフォルトで持っているでかい剣を使って、他のプレイヤーをbanできるかどうかを切り替えするコマンドと思われる(未検証)。

toolbgm

プライベートサーバーの作成者限定。
未検証のため効果不明。

tool

プライベートサーバーの作成者限定。
tool (プレイヤー名)(ツール名)で対象のプレイヤーに対象のツールを与える。

rank

プライベートサーバーの作成者限定。
rank (プレイヤー)(数字)で対象のプレイヤーにランクを付与する。数字は0~2。ランクの効果はよくわからない

respawn

プライベートサーバーの作成者限定。
respawn (プレイヤー)で対象のプレイヤーを強制的にリスポーンさせる。

changefumo

プライベートサーバーの作成者限定。
changefumo (プレイヤー)(ふも名)で対象のプレイヤーのスキンを指定したふもふもに変える。

unsban

プライベートサーバーの作成者限定。
対象のプレイヤーのサーバーbanを解除する。

sban

プライベートサーバーの作成者限定。
対象のプレイヤーをサーバーbanする。

music

プライベートサーバーの作成者限定。
music (音楽ID)でメインエリアの音楽を変更する。

sthu

プライベートサーバーの作成者限定。sthu (プレイヤー名)で対象のプレイヤーをミュートする?(未検証)

toolmusic

プライベートサーバーの作成者限定。
未検証のため効果不明。

backrooms

プライベートサーバーの作成者限定。
backrooms (プレイヤー名)で対象のプレイヤーをbackroom送りにする。

give

プライベートサーバーの作成者限定。
give (プレイヤー名)(ツール名)で対象のプレイヤーに対象のツールを与える。