BecomeFumoの歴史

提供:BecomeFumo JP Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

年表

  • 2021年1月以前 開発が開始される。もともとは「FUMO FIGHTER」なる戦闘ゲームとなる予定だったらしい[1]
  • 2021年1月14日 (おそらく)はじめて一般公開される[2]
  • 2021年1月16日 マップに大幅な更新がなされ、現在のものに近いテイストになる。[3]
  • 2021年1月20日 Miko Borgarが追加される。[4]
  • 2021年2月1日 吹き出しチャットが実装される。[5]
  • 2021年2月12日 訪問数が10万回を超える。[6]
  • 2021年2月15日 BecomeFumoが東方ステーションに取り上げられる。[7]
  • 2021年3月26日 釣りが実装された。[8]
  • 2021年4月1日 エイプリルフールイベント。BecomeFumoがBecome Rikaになった。[9]
  • 2021年7月21日 Map拡張その1が実装される。[10]
  • 2021年7月23日 訪問数が100万回を超える。[11]
  • 2021年7月28日 Map拡張その2が実装される。[12]
  • 2021年10月29日~11月1日 丸2日にわたってRobloxがダウン。その間一切Become Fumoがプレイできない事態となった。
  • 2022年1月14日 BecomeFumoが公開1周年を迎える。アニバーサリーアップデート第一弾が配信された。[13]
  • 2022年1月20日 アニバーサリーアップデート第二弾が配信された。[14]
  • 2022年2月23日 アニバーサリーアップデート第三弾が配信された。[15]
  • 2022年4月1日 エイプリルフールアップデート。通常世界の広場に草が出現した。
  • 2022年5月10日 開発終了がアナウンスされた。(下記参照)
  • 2022年7月中旬 元開発者によってふもふものメッシュの多くがアーカイブされ、BF、SBF両方でふもふものパーツが多数欠ける状態に陥る。
  • 2022年7月中旬~20日 上記問題対処のため、臨時でほぼ毎日BecomeFumoのアップデートが行われる。開発者が再集結した。
  • 2022年7月20日 ゲーム内で事実上の開発再開がアナウンスされた。

開発終了のアナウンス

2022年5月10日、ゲーム内にScary08氏(現ユーザー名Okuechi氏)が現れ、BecomeFumoの開発終了がアナウンスされた。
これ以後、BecomeFumoのアップデートが行われることはないが、公開が終了することはないとのこと。