考察

提供:BecomeFumo JP Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふもの生態

キャベツに弱い

キャベツを食べると死ぬ。 キャベツにはプロゴイトリンというグルコシノレート(カラシ油配糖体)が含まれる。この物質は害虫による食害に伴ってイソチオシアネートへと変化し、防御のために役立つことが知られている[1]。人間においても過剰摂取によって甲状腺腫をもたらすことが示唆されているが、通常の摂取量では大きな健康被害が出ることは考えられない。ましてや、一口かじっただけで即死するというのは普通考えづらい。 BecomeFumoの世界におけるキャベツはプロゴイトリンを非常にふんだんに含む、あるいは別の植物毒素によって自らを防御しているのかもしれない。あるいはふもふものプロゴイトリンに対する感受性が非常に高いことも考えられる。

世界観について

人類は滅んでいる?

意味深な廃墟マップ

廃墟の片隅、骸骨の近くに残されているメモ。 訳:
『最後のレーションだ
Naz,Ari,申し訳ない
次の人生はもっとのんびりしたものだといいな
Omi』

ふも世界の地理

BecomeFumoの世界は日本海付近にあるようだ。


  1. Hopkins RJ, van Dam NM, van Loon JJ. Role of glucosinolates in insect-plant relationships and multitrophic interactions. Annu Rev Entomol. 2009;54:57-83. doi: 10.1146/annurev.ento.54.110807.090623. PMID: 18811249.